新しい歯を付けて楽しい食事|デンタル健康対策隊

顎の骨の異常

口腔外科で顎の病気がわかる

顎に問題が生じる場合があり、その現象として口が開かないなどの違和感を感じるのですがそれは顎関節症という病気であります。 どうしてそのような病気になるかと言いますと、日常生活のあり方に問題があるとされています。 人には癖というものがありますが、悪い癖が災いして生活に支障の出るようなことが起こるのです。 顎関節症の場合、悪い癖というのが寝ている時の歯ぎしりや歯をくいしばる癖のある人に起こりやすいと言われます。 それらのことが無意識の間に行われている結果、顎の部分に違和感を感じながら過ごすことになるのです。 顎に違和感を感じながら生活をしていくことは、困難なことでありますから口腔外科での治療が必要となります。

顎関節症の治療にマウスピースがある

人々の間で口腔外科というところは、普段あまり行き来をしないところであるのですが歯科と口腔外科とでは若干内容が異なってくるのです。 歯科では歯の部分を多く見ていきますが、口腔外科になりますと歯全体を総合していき結論をだしますので顎の病気を発見することが、早期にできるといった具合になるのであります。 その場合に発見できた顎関節症を治していくには、口腔外科が最も適しているとされるるわけで多いに利用していくべきであります。 そこで最も医師から指摘されるのは、顎の使い方や寝るときの姿勢などが大きく関わってくるとされます。 顎関節症の予防としてあげられることに、マウスピースを装着して睡眠をとるということになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加