新しい歯を付けて楽しい食事|デンタル健康対策隊

技術力の高さ

治療を受ける方法について

インプラント治療は外科手術を伴う治療法です。その特性から以前は大学病院や大きな病院の口腔外科でしか治療を受けることができませんでしたが、近年では技術の普及とともに一般的な歯科医院での治療も可能となっています。 インプラント治療では、実際の手術の前に口腔内の診察や術前の検査が行われます。状態によっては事前に口腔環境を整えるような治療が行われたり、顎骨の詳しい検査が追加されることもあります。また、外科手術に際しては、持病にも注意が必要です。例えば、心疾患や糖尿病、高血圧などの全身疾患をお持ちの場合は、主治医にも確認が必要です。もちろん、担当の医師にも必ず申告し、手術が可能かどうかの診断を受けることになります。

治療を受けるメリットについて

インプラント治療を受ける前には、事前に様々な診断がありますが、実際に手術を受けることには様々なメリットがあります。最も大きなメリットは、噛み合わせなどの不具合が少ないという点です。 インプラントでは、顎骨に直接金属を埋め込むというのが一番の特徴です。埋め込んだ金属は骨と決着し、歯根の役目を果たします。そのため、しっかりと噛みしめることができ、ずれたり外れたりといった不具合が少ないのです。 また、審美面でのメリットを理由にインプラント治療を選択する方もいます。他の義歯では取り付けのために金属が口腔内に見えることもありますが、インプラントで使用する金属は全て歯肉や義歯で覆われるため、見た目には健康な歯と区別がつきにくいのも大きな特徴です。

このエントリーをはてなブックマークに追加